CHAKAとは

私たちは、日本一のお茶処静岡にて明治27年創業以来今日に至るまで、お茶一筋、おいしいお茶のことを120年以上考え続けてきました。

静岡県は、各地域により気候や風土が大きく異なり、それに合った栽培・加工方法をすることで、それぞれ個性豊かなブランド茶産地が確立されています。
各エリアに昔ながらの茶生産農家さんが多数存在し、それぞれに自慢の腕を振るい、独自に研究を重ねてきました。
そうして生産農家さんならではの“こだわりのお茶”が生まれてきたのです。
その中には、大量生産には向かず、少量なら出せるお茶も数々あります。
市場には出回らない希少なお茶です。
私たちは、お茶にこだわり続ける生産農家さんたちの力になれればという想いと、たくさんの努力により生み出されてきた貴重なお茶を多くの方に知っていただきたいという想いから、茶香CHAKAを立ち上げました。

どうぞ、静岡の生産農家さんや山々に想いを馳せながら、お湯を注ぐと広がる、自然のさわやかな香り・深く豊かな味わいを心ゆくまでお楽しみ下さい。

標高が高い山間部は、日照時間が短く、朝晩の気温差によって霧が多く発生し太陽光を適度に遮るため、茶の旨み成分が多く醸成され、甘みや旨みをたっぷりと含んだお茶になります。
平坦地は、日照時間が長く、柔らかくも肉厚な茶葉になるため、深蒸し茶に最適な茶葉が育ちます。

  • ホーム
  • CHAKAとは
  • ストーリー
  • おいしい淹れ方
  • 受注焙煎